診療メニュー むし歯治療・補綴一般歯科 歯の痛みは、むし歯が進行して引き起こしていることが多いと考えられます。
痛み・沁み・違和感を感じるなどのお困りごとがございましたら、
まずは一度かわさきデンタルクリニックへご来院いただき、ご相談ください。

歯の痛みは、むし歯が進行して引き起こしていることが多いと考えられます。
痛み・沁み・違和感を感じるなどのお困りごとがございましたら、まずは一度かわさきデンタルクリニックへご来院いただき、ご相談ください。

治療方針

できるだけ歯を削らず、
神経を抜かない。
ご自身の歯を残せるような
治療を行います。

歯のエナメル質は、細胞自体が無いため一度削られると二度と再生できません。そのため、健康な歯質を最大限残すことを一番大切に、むし歯治療を行います。

また、歯の神経を取ってしまうとその歯の寿命は一気に短くなってしまいます。また、根っこだけになってしまった歯でも、抜いてしまうと両隣りの歯の負担が増え、噛み合せにも悪い影響を与えます。そのため、歯の神経を抜かないという治療方針は、ご自身の歯を残すために大切なことだと考えています。

深い虫歯であっても、できるだけ歯を削らない、歯を抜かない、神経も抜かないという治療方針は、受診者の方の歯をできるだけ残したいという私たちの想いそのものです。

受診者の方のケア
(インフォームドコンセント)

インフォームドコンセントとは、『説明と同意』という医療用語です。受診者の方に対して、丁寧に説明し、お互いの理解が深まり受診者の方ご自身の同意を得た上で治療をスタートさせるという考え方です。

かわさきデンタルクリニックでは、受診者の方との信頼関係を大切にします。
どんなことでも相談していただき笑顔でお帰りいただきたいと思っております。インフォームドコンセントを徹底して、受診者の方をケア・サポートしてまいります。
『治療内容がわからない』『いつ治療が終わるのかわからない』など、受診者の方を不安にさせるようなことがないよう、治療を行います。

むし歯の進行状況と治療方法

むし歯の症状は以下の段階に分けられます。

むし歯の進行状況 むし歯の進行状況
  歯の様子 症状 治療法
C0
ごく初期のむし歯
C0 ごく初期のむし歯 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
エナメル質の虫歯
C1 エナメル質の虫歯 歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
象牙質の虫歯
C2 象牙質の虫歯 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を取り除き、インレー(詰め物)で補います。
C3
神経まで達した虫歯
C3 神経まで達した虫歯 神経まで虫歯が進行した状態です。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。また、必要に応じてラバーダム(※)を使用します。
C4
歯根まで達した虫歯
C4 歯根まで達した虫歯 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態です。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

C0 ごく初期のむし歯

C0 ごく初期のむし歯
症状

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。

治療法

適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯
症状

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。

治療法

虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯
症状

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態です。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。

治療法

むし歯に冒された部分を取り除き、インレー(詰め物)で補います。

C3 神経まで達した虫歯

C3 神経まで達した虫歯
症状

神経まで虫歯が進行した状態です。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。

治療法

神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。また、必要に応じてラバーダム(※)を使用します。

C4 歯根まで達した虫歯

C4 歯根まで達した虫歯
症状

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態です。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。

治療法

多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

被せものと詰めものについて

詰めもの(インレー)の種類と特徴

素材・種類 特徴 保険適用・価格
パラジウム 一般的に「銀歯」と呼ばれる素材です。非常に硬く耐久性がある一方、金属アレルギーなどのリスクがあります 保険適用
ゴールド 金合金素材。素材にしなやかさがあり、歯とよく馴染み隙間がほとんどないため、むし歯再発リスクが最も低い素材と言えます。また、噛み合う歯、歯の根や根の周りの骨に負担がかかりにくいです。 自費治療
オールセラミック セラミック(陶材)素材。耐久性が高く、吸水性が低いため着色しにくく白さを保つことができます。天然歯のような透明感で見た目に優れています。 自費治療
ハイブリッド
セラミック
プラスチックにセラミック粒子を混ぜ合わせた素材。セラミックと比較すると耐久性は劣りますが、セラミックよりも低料金で利用できるというメリットがあります。 自費治療
パラジウム
保険適用

一般的に「銀歯」と呼ばれる素材です。非常に硬く耐久性がある一方、金属アレルギーなどのリスクがあります。

ゴールド
自費治療

金合金素材。素材にしなやかさがあり、歯とよく馴染み隙間がほとんどないため、むし歯再発リスクが最も低い素材と言えます。また、噛み合う歯、歯の根や根の周りの骨に負担がかかりにくいです。

オールセラミック
自費治療

セラミック(陶材)素材。耐久性が高く、吸水性が低いため着色しにくく白さを保つことができます。天然歯のような透明感で見た目に優れています。

ハイブリッドセラミック
自費治療

プラスチックにセラミック粒子を混ぜ合わせた素材。セラミックと比較すると耐久性は劣りますが、セラミックよりも低料金で利用できるというメリットがあります。

被せもの(クラウン)の種類と特徴

※表を左右にスクロールしてご覧ください

素材・種類 特徴 保険適用・価格
パラジウム 一般的に「銀歯」と呼ばれる素材です。非常に硬く耐久性がある一方、金属アレルギーなどのリスクがあります 保険適用
ゴールド 金合金素材。素材にしなやかさがあり、歯とよく馴染み隙間がほとんどないため、むし歯再発リスクが最も低い素材と言えます。また、噛み合う歯、歯の根や根の周りの骨に負担がかかりにくいです。 自費治療
ジルコニアセラミック ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名で、強さ・軽さ・美しさに優れたセラミック素材です。 自費治療
オールセラミック セラミック(陶材)素材。耐久性が高く、吸水性が低いため着色しにくく白さを保つことができます。天然歯のような透明感で見た目に優れています。 自費治療
メタルボンド メタルボンドとは、外側がセラミック素材、内側は金属素材です。セラミックの特徴である白さを保ち、オールセラミックよりも価格面でメリットがあります。 自費治療
パラジウム
保険適用

一般的に「銀歯」と呼ばれる素材です。非常に硬く耐久性がある一方、金属アレルギーなどのリスクがあります

ゴールド
自費治療

金合金素材。素材にしなやかさがあり、歯とよく馴染み隙間がほとんどないため、むし歯再発リスクが最も低い素材と言えます。また、噛み合う歯、歯の根や根の周りの骨に負担がかかりにくいです。

ジルコニアセラミック
自費治療

ジルコニアは人工ダイヤモンドとしても大変有名で、強さ・軽さ・美しさに優れたセラミック素材です。

オールセラミック
自費治療

セラミック(陶材)素材。耐久性が高く、吸水性が低いため着色しにくく白さを保つことができます。天然歯のような透明感で見た目に優れています。

メタルボンド
自費治療

メタルボンドとは、外側がセラミック素材、内側は金属素材です。セラミックの特徴である白さを保ち、オールセラミックよりも価格面でメリットがあります。

お口の健康を考えたむし歯治療を

むし歯治療で使用する詰めものや被せものには、保険適用できるもの・できないものがあります。また使用する素材によって様々な特徴があり、受診者の方がすべてを理解するのは難しいかもしれません。そのため当院では、受診者の方のお口の状態を確認した後、治療方法のご説明と合わせ、使用する素材について詳細にご説明致します。ご不明点がございましたら、お気軽にスタッフまでご相談ください。

最後にお伝えしたいことがあります。
最新の歯科治療方法では、精度の高いむし歯治療を行った後、詰め物(被せ物)にメタルフリーの素材や金属アレルギーを引き起こしにくい素材を使用できるようになりました。これらの素材の進歩は著しく、咬む力が強い奥歯でも使用できる耐久性の高いものや、前歯に被せても違和感がない審美性に優れたものなどが誕生しています。このように従来のむし歯治療と最新の歯科治療とでは、治療に対する考え方だけでなく、使用できる素材が異なります。最新の素材を使用した歯科治療は、自費治療となりますが、銀歯で起きてしまう問題(むし歯再発のリスク・金属の腐食・金属アレルギー)などを予防でき、「お口の将来を見据えた歯科治療」を考えた時には、最適な選択肢だと言えます。

また、自費治療には「医療費控除」という国の制度を利用できます。これは、10万円を超えた治療費が所得から控除され、税制が優遇される制度です。ご利用方法のご案内は、当院でも行っておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

当院へのご予約・お問い合せ

当院へのご予約はお電話またはこちらから空き時間を検索してご利用ください。

ご不明な点がございましたらお電話・お問い合せフォームからご連絡ください。